6つのうち一つでも当てはまったらトレーニングしすぎかも

シェアする

つい最近、人生初のぎっくり腰になり、自分が腰にそんなに負担かけているのかと驚きました。

ギックリ腰は運動していてもなるんですね。

運動していない人がいきなり負荷をかけた時、運動している人は腰へ連続した負担で、何かの拍子にグキッとなってしまうそうです。

そこで疑問に思ったのは、

『どれぐらいが運動し過ぎなのか』

という事。

私はそんなに自分がフィットネスアディクト(運動バカ)だとは思っていないのですが、もしかしたら自分に見合った量、時間をプランできていないのかもしれません。

Sponsored Links

それ、トレーニングしすぎのサインかも

トレーニングをするのはストレス解消にもなるし、よく眠れるし健康には欠かせないのですが、何でもやり過ぎは逆効果ですね。

下にまとめたリストのうち、あてはまるものがあったら明日の筋トレやランニング、休憩してみては?

週のトレーニング時間が長い

もしあなたが週6時間以上トレーニングに時間を使っていたり、お友達や職場との付き合いや仕事よりもトレーニングを優先している場合、結構な確率でトレーニングジャンキーです。

それは健康ではないです。

トレーニングというドラッグにどっぷり浸かっていますね笑

トレーニングしないと罪悪感が残る

例えば仕事の後にヨガクラスを予約した。もしくは夜ランしようと思っていた。

または早起きしてジムに行こうと計画していた。

でも仕事が片付かず、もしくは夜遅くまで起きていて、早朝ヨガ、ランに行けそうもないとします。

あなたはどう思いますか?

運動する事を計画するのはとっても良いことです。ヨガクラスとかなんて、予約したら行く気になりますよね。特に日本人は約束守りますものね!笑 (オーストラリア人ときたら遅刻当たり前、ドタキャンもたまにあり。困ったもんだ)

でも、どうしようもない理由でその計画が実行出来ない時。自分に対して罪悪感を抱いたり、パニックになる前に深く深呼吸してみてください。

その一回のヨガクラス、ラン、ジムセッションで失うものはそこまで大きくないはずです。

「あー行けなかったー。私ってダメだ」

って思うんじゃなくて

「あー行けなかったー。よし、明日やろ!」

と気持ちを切り替えて、次のトレーニングの日を楽しみにしていましょう!

結果が出ない

始めは結果出ていたのに、ここ数週間痩せない。ランニング距離が伸びないなど、結果が出ないと落ち込みますよね。

ダイエットやトレーニングを始めてしばらく経つと、スランプに陥る事は不思議ではありません。特に女性は月の周期があるから毎日アップダウンします。

今回はそういうスランプではなく、トレーニングしすぎで陥るスランプです。

身体は働かせているばかりだと疲れてしまいます。

トレーニングした後は筋肉が炎症しているので、鎮静してあげる必要があります。そして回復して更に強くなるのです。

このリカバリー期間は筋肉にとってとっても大事で、このプロセスを怠ると筋肉強化も半減してしまいます。

頑張ってトレーニングした翌日はしっかり筋肉をいたわってあげてください。

故障した

はい。これはまさに私ですね汗

ギックリ腰して初めて運動し過ぎと気づきました。。。

確かに週6ジム通いしていて、一回1時間以上は余裕でトレーニングしていました。これじゃあ故障しますね!

休筋日をもうけて、身体をいたわってあげてください。マッサージや瞑想なんてどうでしょう??

ホルモンバランスが崩れる

もし何か身体にとって良くない事をしていると、身体はあなたにサインを出します。

  • 生理が遅れている。
  • 数ヶ月来ていない。
  • 身体がずっとだるい。

そんなサインを見逃さないでくださいね!

ストレスや疲労を無視していると更に深刻な影響が起こるかもしれません。

コルチゾールという副腎皮質ホルモンが異様に高くなり、下記のような症状が起こりやすくなります。

  • 体重増加
  • 腎臓疲労
  • 高血糖
  • 免疫力低下
  • 筋力減少
  • 骨密度減少
  • 記憶力低下
  • 不眠症
  • コラーゲン低下

体重増加とか、筋力減少、コラーゲン低下とか!!トレーニングやっている意味が無くなってしまいますね!!

トレーニング自体がストレス

これは難しいのですが、誰でも始めはキツいんです。何年筋トレしていても、たまにサボロー(サボリ癖)が出てきます。

でも大体はトレーニングした後スッキリします。

そうじゃなくて、毎回トレーニングをする事が苦痛で逃げ出したいみたいな感情はストレスになるので、そうならトレーニングの種類を変えてみたり、なんなら少し休憩期間を設けても良いですね。

私だってトレーニングの好き嫌いはありますよ。ジムトレは基本好きですが、ランニングは大嫌いなんです汗

有酸素しないといけない時は、ランニングは出来るだけ避けて、水泳なり縄跳びなりしますw

このトレーニングは絶対しないといけない!というのは無いので、自分が楽しめるトレーニングをしていきましょう!

最後に

どんな事もやり過ぎは良くないですね!長く楽しくトレーニングを続けていく為にも、やり過ぎサインをも逃さないようにしたいです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。