ありのままの自分を受け入れる body positivity が流行中!

シェアする

痩せたい、引き締めたいなど、自分の体系に不満を持っている人は多いですよね。というか、ほとんどの人は何かしらコンプレックスを持っていますね。

私もそのうちの一人で、常にプリケツになりたい、くびれ欲しいなど自分の身体に不満たらたらです。

そんな中、body positivity という言葉を耳にしました。

Sponsored Links

Body Positivityとは

Body Positive Movement ともいうこの活動。あなたがどんな体系をしていても、みんな同じように価値があって自分を受け入れ、幸せになって良いという意味。

日本人はわりと細い人が多いのですが、もしあなたがぽっちゃりでも無理して痩せなくても、そのままで十分綺麗だし健康だよという事を表現しています。

逆もしかりで、もしあなたがガリガリだと思っていても、健康ならそのままでいいし、幸せになる権利があるという意味が込められています。

つまりBody Positivityは自分の身体をもっと受け入れ、許してあげて、自尊心(self-esteem)を作り上げていく事が目的です。

これは太い、細いだけにとどまらず、背が高い、低いにも当てはまります。

生活も健康も!

これは単なる体系の事を言っているのではなくて、生活スタイルも、ダイエットの為にご飯を少なくしたり、過激な運動を続けるのではなく、(でもそれを否定している訳でもないけど)自分に優しくしても良いよ、と言っています。

最近はSNSなどで簡単に沢山の人と繋がれますが、数人は心ないコメントをしますね。普段の生活でも他人の目線が気になるかもしれません。

でもそういうのを気にせず、自分だけの美しさを忘れず、自分にプラスになるような事にエネルギーを使うべきなのです!

水着モデルもプラスサイズ

プラスサイズモデル(Plus-size model)とは今までのモデルとは打って変わってダイナマイトボディなモデルです。Ashley Graham(アシュレイ・グラハム)が有名ですね。

このセクシーさはアシュレイの自信からもきていますね。

アメリカの水着雑誌のエディターも『美はいろんな形がある』と認めています。

バービーもプラスサイズ

超足長でボンキュッボンのあのバービー人形も現実的なサイズになりました!

今までのバービーは整形手術をしないと実現しないようなシェイプをしていて、小さい女の子に不健康なボディイメージを持たせなくなかったという事で改良されたとの事。

今ではぽっちゃり、背が高い、低いバービーちゃんもいるそうです。

Body Positive インスタグラマー

私が個人的に選んだボディポジティブなインスタグラマーを紹介します!

始めはこの方。

A post shared by Kelly U (@_kellyu) on

同じアジア人として親近感が湧きます。このお腹も。笑 私のお腹は大体こんな感じです。

拒食症から見事に復活して、今やこんな健康的で幸せそうです。

次はこの方。

A post shared by i s k r a (@iskra) on

モデルもされてる彼女。何ともセクシーですね。。♥︎

次はサーファーモデルの彼女。こんなパワフルな人、シドニーには沢山います。カッコいいですね!

最後に

日本ではまだあまり浸透していないこの発想。いや。昔から若い女の子には言っていましたね。

「痩せなくても十分可愛いよ」

って。痩せれば幸せが来るって思うんじゃなくて、今のままでも幸せになる資格はあるし、前向きに生きていきたいですね。

今回の課題は私の本来の筋トレ女子的視点から少しずれているのですが、

『痩せなきゃ』

って既に痩せている日本の友達から何回聞いたことか。笑

それは本気半分冗談半分かもしれませんが、金子みすずも言っていましたね。

みんなちがってみんないい

って。本当にそうですよ。細長いモデル夢見て生きていくんじゃなくて、今の自分をちゃんと見つめて好きなところを沢山見つけてください。

私も気をつけます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。