くびれ美人目指して日々研究。くびれの作り方はいろいろ。

シェアする

一つ気づいた事。

脂肪が減ったらくびれが消えた。

悲しいかな、筋トレに夢中になっていたらくびれが無くなってしまいました泣

若い頃は細くてくびれもあったんです。あれは若さゆえの特権だったのか。。。

1年半前に人生最大太って、最近は体重は元通り、脂肪は人生最小値、15.5%が今年の2月に出ました。

見た目も引き締まって、トレーニングも楽しくて続けていたのですが、筋肉がつくにつれて、もしくは脂肪が無さすぎて、どんどん寸胴体系になっていってる気がするんです。

Sponsored Links

ヨガとジムトレーニング、比べてみた


そこで、比べてみました。左はヨガを1ヶ月続けた結果。右はジムトレ1ヶ月続けた結果。

ヨガは良い運動ですが、筋肉をつけるというより柔軟性と体幹を鍛える動きが多いです。

ヨガは初心者なので、上級者の方はそれなりに筋力も必要かもしれませんが、それでもジムトレしている人と比べると細いし腹筋割れてるというイメージは無いですよね。

体幹を鍛えるのでそれなりにお腹を引き締める役割あるのですが、ジムでトレーニングするようにガツガツはしないですね。

だからか、私のお腹は割れていないです。むしろ少し脂肪がついてふっくら。そしてなによりくびれが少し出てきました!!

それに比べてジムトレをすると、ガッツリ筋肉をトレーニングするのでヨガボディよりがっしりしています。

腹筋もうっすら割れていますね。でもくびれはというと。。。。。んーーーー。泣

私はジムトレーニングもヨガも好きなのでどちらも続けていきたいのですが、やっぱりどんなトレーニングをするかで体系は変わってきますね。

くびれを作りたいなら、多少脂肪もついていた方が出来やすいんじゃないかな。確かに、クロスフィット選手みたいにトレーニングして筋肉つけた身体はカッコいいですけど、くびれはあまり無いし、逆にふかきょんみたいに適度に脂肪がついているとくびれも出てきますね。

それでも腹筋トレーニングはするべき


それでも腹筋トレーニングをするなと言っている訳ではないです!!むしろ筋トレ初心者さんは特に腹筋、体幹トレーニングはするべきです。

お腹の脂肪は普段の食事が深く関ってきますが、腹筋や体幹はある程度鍛えるとトレーニングに安定性が出てきて、バランスが良くなります。

腹筋でもお腹の前にある腹直筋、横にある腹斜筋、奥にある腹横筋とありますが、6パックを作るには腹直筋を鍛えれば筋肉の並び方が良ければ6つに割れます。(腹筋の作りは人それぞれ違うので、どれだけ鍛えても6パックにならない人もいます)

そしてくびれを作るには腹斜筋を鍛える必要があります。これはお腹を捻るトレーニングならだいたい効いてきます。

マウンテンクライマーや

オブリーククランチ(30秒から)

が代表例ですね。

そして適度な脂肪はくびれ作りに欠かせないので、鍛え過ぎ注意です!w

くびれ作りに背中とお尻もトレーニング!


そしてくびれ作りには他の方法もあります。

それは、肩や背中を鍛えてくびれを作りやすくしたり、お尻を鍛えてヒップアップし、くびれを作るという作戦です。

背中の筋肉は大きいし、なかなか効かせるのにコツがいりますが、背中をトレーニングできるようになるとブラのハミ肉も気にしなくていいし、背中がスッキリしますよ。それがくびれ作りに役立ちます。

肩は鍛えすぎるとゴツくなるかも。。。という心配は、とりあえずしなくて大丈夫です。女性は筋肉つきにくいうえに、実際肩回りをトレーニングすると自然と肩甲骨の状態も気になり、血行も良くなり肩こり改善、姿勢改善にもなります。

そしてお尻トレーニング。年を重ねるにつれお尻は垂れてきますね。。。それを食い止める為にお尻トレーニングをして、ジーンズを格好よく着て、なおかつくびれも手に入れちゃいましょう!!!私もこの作戦を実施中です!

お尻トレーニングにはこちらも読んでね↓

殿筋群の筋トレ、ストレッチ方法。ヒップアップしたい人ー??!

フィットネスモデルに習う4つの正しいお尻トレーニング

スクワット7種紹介!効果的にダイエット!

女性の身体といえば曲線美。それにかかせないくびれ、いつまでも諦めたくないです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。