アトピー肌でも運動オススメ。対策方法教えます。

シェアする

運動することはストレス解散にもなるし、ボディシェイプには欠かせないです。

成長ホルモンも出るので肌も綺麗になると言われています。

でも、アトピーの場合はどうでしょうか?

私が筋トレ始めたばかりのときはアトピーが酷くて、汗をかくとすぐにかゆくなっていました。

アトピー肌はとても敏感なので、少しの刺激でもすぐに悪化してしまいます。

当時の私は重度のアトピーまでではなかったのですが、特に上半身に症状が出やすくて、顔にも出ていました。

顔に出ているの、ストレスになるんですよねー!

っと。

話がそれそうだったので本題に戻します。笑

今回は私がアトピーの症状が酷かった時の筋トレ方法をまとめました。

Sponsored Links

痒いときの対策方法

筋トレし始めのころは全身にステロイドクリームを塗らないといけないほど痒かったのですが、何とか続けてこれました。

私が痒さに負けずにトレーニングが出来たのは少しの気遣いからです。

筋トレに熱中する

筋トレをすると汗をかきますね。汗をかくと血行が良くなって痒さ倍増です。

でも、気づいた事があるんです。

筋トレに熱中しているときは滝汗かいていても痒さを感じないんですよね。

筋トレの種類にもよりますが、自分が頑張れるギリギリのレベルのトレーニングをすると、肌の事よりも筋トレのキツさに集中します。

ただ、ちょっと休憩すると痒さを思い出してポリポリしたくなります。

あとは、ランニングなどの一定の動きしかしないトレーニングは他の事も考えてしまいがちです。

そんな時は汗を少しでもかくと痒くなってきます。

もしかしたら外ランなら景色を見たり楽しんでランニングしたら大丈夫かもですが、

私はジムでトレッドミルを使って走っていたので退屈で。笑

しかもランニング自体苦手だし。w

だから、アトピー肌の人がトレーニングする際は、

熱中出来るものを選ぶ事。

人によってヨガだったりHIITだったりウエイトトレーニングだったり様々ですが、とにかく自分の好きなトレーニングを選んで痒さを忘れましょう!

汗はこまめに拭く

トレーニングして汗をかくのは良い事なのですが、アトピー肌には刺激になります。

なので、私は少しでも休憩時間があったら綺麗なタオルで拭いていました。

汗をかく事自体もそうですが、汗がしたたるのが痒かったんですよね。敏感すぎます。笑

トレーニング後はシャワーを浴びる

当たり前すぎますが、汗をかいたらシャワーを浴びて汗や埃を落とした方がいいです。

アトピーが酷いと痒くなると止まらないし、引っ掻くとさらに痒くなるので、筋トレが終わったら速攻でシャワーを浴びます。

始めの頃は筋トレ後のストレッチやクールダウンよりも先にシャワーを浴びていました。

痒くなる前に対策すべし!

たまに筋トレ最中でも痒さを忘れられずに隙を見つけてはポリポリしてしまう時もあります。

そういうときは一旦中断して汗を拭くか、もしくはさっさとシャワーを浴びちゃいます。

そして保湿やステロイドクリームなどを塗ったり抗ヒスタミンで沈めます。

筋トレ中に掻いてしまうと案外強く掻いてしまいがちなので、そうなる前に対処する方がいいです。

宅トレにする

宅トレとは自宅で出来る筋トレです。

自宅でもトレーニングは出来ます。

今やYouTubeでヨガや筋トレ方法は見れますしね。

ジムは沢山の人で同じ設備を使っているので菌が沢山います。

どれだけの頻度で掃除しているかも分からないので、埃も多いかもしれません。

そういったものはアトピー肌には大敵なので、自宅でまずはトレーニングに慣らしておくのがいいですね。

筋トレすると成長ホルモンが出て、肌も綺麗になりやすいので、トレーニングを続けて数ヶ月したら少し肌の調子が良くなっていると思います。

そうしたらジムや自分の興味のある教室に行って楽しんでくださいね。

あと、ジムはシャワーの数が限られていて、トレーニング後はいっぱいで待たないといけない事もあります。それは絶対避けたいです。

最後に

私が実際にしたアトピー対策はこんなかんじです。当たり前すぎる事ばかりですが、こうやって少しづつ肌を強くしていって、身体も健康になって一石二鳥ですね!

アトピーって顔に出るのは女としてとても辛いんですよね。

メイクもしたいしおしゃれもして可愛くなりたいのに

アトピーでメイク出来なかったり、

出来たとしても肌がガサガサだからファンデがのらなかったり。

私のアトピーは一時期に比べるとだいぶ良くなっています。

これは食事や生活改善もそうですが、運動を始めたからだと感じています。

まだ体調が悪くなると悪化しますがコントロールできるようになってきました!

汗が刺激になるからと運動しないでいるのはもったいないぐらい、トレーニングは良い事沢山です。

是非恐れずに挑戦してみてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。