Six Foot Trackハイキング!ブルーマウンテンから!

シェアする

普段ハイキングは行かないのですが、機会があって2日間で45kmのハイキングに行ってきました。

Six Foot Trackというコースで、シドニーから電車で2時間程のところにあるブルーマウンテンという世界遺産からスタートし、山道を通って45km程先にあるジェノランケーブスという洞窟まで歩きます。

本当は3日間のハイキングが推奨されていますが、2日目に頑張れば、1泊でいけます。

私達は途中でロッジに泊まりましたが、途中でテントできる場所もあって、本格的な体験ができます。

私はこういうハイキングは初心者なので、経験者の方からしたら当たり前!ってつっこまれそうですが、電波はないです!笑(たまに歩いていると実は見つかります) お店なんてもちろんないです!w

今までそんな長距離歩いた事なかったので実感なかったのですが、山道を歩くって結構良い運動になるんですね!w 糖質気にせず食べられるのも良いです笑♡

ただ自分で水も食料も持って行かないといけないので荷物は重いです(当たり前かw)

Sponsored Links

ハイキングスタート!


カトゥンバ駅(Katoomba)からハイキングはスタートです。

少し道路を歩くと『Explorers tree』という既に死んでしまった木があります。

これはブルーマウンテンをヨーロピアンとして初めて制覇したグレゴリー・ブラクスランドとウィリアム・ローソン、ウィリアム・チャールズ・ウェントワースがその記念として木にイニシャルを掘ったものです。

今となってはそんなに存在感のない木になってしまいましたが、ハイキングが本格的にスタートする!という目印みたいになっています。

下り坂でウォームアップ?!


山歩きは急な下り坂から始まります。

人によっては膝が痛くなったり、つま先が痛くなったりして、キツい思いをします。私の彼は靴が合わなかったのか、ちゃんと靴ひもを縛ってなかったのか、親指の爪が紫になって腫れ上がり、めっちゃ痛そうでしたw

ただ、空気が凄く綺麗だし景色も日本の山と違う植物が楽しめます。写真だとどれだけ急な坂か分かりませんねw

急な下り坂を過ぎると平坦な道がしばらく続きます。政府の土地と、個人の私有地がごちゃごちゃになっていて、たまに策がありますが、道さえあっていれば気にせず行きます。笑

マガロンバレー!!


しばらく平坦、下りが続いて、広い高原、マガロンバレー(Magalong Valley)にたどり着きます。そこからブルーマウンテンの崖も見えますし、羊も少しいました。久しぶりに開けた場所を歩くので気分爽快です。少し登り坂ですが。

橋渡り!グラグラアドベンチャーw


マガロンバレーを過ぎるとまた山道にもどり、下り坂をひたすら行くとコックスリバー(Coxs River)という川にたどり着きます。浅瀬を歩いて渡るでも良いですし、金属製の橋を渡るでも良いです。

私は橋を渡って行きましたが、結構ちゃんとしていて、安心しました。橋は一人づつしか渡れないので、人が多いと時間がかかります。

橋を渡って少し歩くと宿泊するロッジが見えてきます。はー!一日目終了!!6時間ぐらいかけてゆっくり歩いて到着しました。

The Six Foot Track Eco Lodge ロッジ宿泊


ロッジのオーナーがまた面白い人で、チェコ人なのですが、オーストラリアの生態系に凄く興味があるようで、熱く語っていました。もし話す機会があれば面白い話が聞けます。

写真のリンクからロッジのホームページに行けます。

ロッジももちろん電波は無く、それどころか電気もガスも水道もありません。

シャワーはこんな感じ。画像悪くてごめんなさい泣

シャワーは雨水をろ過したものを汲んでする簡易的なものはあります。気温が暖かければ温水も楽しめるを思いますが、私の時は冷水でした。まあ、気にせずあびましたけどw

もしシャワー浴びたいなら、到着してすぐに浴びる事をオススメします。夜は寒いですしね。

トイレはぼっとん便所の洋式バージョンがあります。

部屋は2段ベッドが何個もあるシェアルームで、富士山みたいな窮屈なロッジよりかは良い感じはしました。電気がないので真っ暗ですけどねw屋根があるだけ有り難いです。小さい暖炉もあります。

オーナーが作る暖かいシチューも凄く美味しかったです。私の時はカンガルー肉のシチューで、心も身体も暖まりました。なんでもたき火で6時間煮込んだものとの事。だから脂身の少ないカンガルーも凄く柔らかくなっていました。ご飯、パン、ポテトと一緒に食べます。糖質祭りだワッショーイ☆

こんなハッピーチキンもいます。

自身で食材を持ち込めばキッチンも使わせてもらえるそうです。

私がこのハイキングをしたのは秋で、歩くにはちょうど良い気候ですが夜はやっぱり少し冷えるので暖炉があって良かったです。やる事がないので夕食後はたき火を見つめる事しか出来ずw 眠気との戦いでした。(午後7:30頃。まだ寝るには早い。。)

ハイキング2日目!


朝ご飯を食べてさあ2日目出発!

始めは結構急な上り坂から始まります。前日に下り坂ばかりで膝やつま先が痛かったので、昇りは逆に楽しめました。笑

今回はずっと良い天気に恵まれて、本当にラッキーでした。雨だったら多分あの上り坂、大洪水ですよw

上り坂を過ぎるとまた山道らしくなり、それがしばらく続きます。川を3回渡り、また上り坂が続きます。この川、凄く綺麗で飲めるそうですよ。でも、飲むならなるべく高い位置からが良いですね。動物のフンや多分、誰か用足してると思われるのでw

第二のキャンプ場


しばらく山道を行くと第二のキャンプ場、ブラックレンジキャンプ場(Black Range Campsite)にたどり着きます。座る場所もあって、雨水をろ過したタンクもあるので水が足りなくなったら補充できます。

どこでも逆さまになりたいアホw

ここで1泊して、翌日ゆっくり洞窟を見に行く方法もありますが、私たちは泊まらず行きました。

なんせあと10km程ですし、ここで泊まるのは一日目のキャンプ場より寒いらしいです。

キャンプ場を過ぎたら、しばらく道路の近くを歩きます。山道ではありますが、たまに車の音が聞こえます。

そして、下りだと思っていた道のりはたまにすっごい急な坂が待ち受けていますw

やっぱり写真だと伝わらないw

いよいよ終盤!日も暮れて真っ暗w


休憩しすぎたのか、歩くのが遅かったのか、(多分両方)途中から暗くなってきて、最後1時間半程は真っ暗な中、石も沢山ある細い道を下る事になってしまいましたww

私も彼もハイキング初心者で、ヘッドライトは持っていたけど弱くてあまり役にたちませんでした。スマホのライトの方が明るかったのでそれを使いましたが、杖を使っている人は持てないので一緒にゆっくり下りていきました。。。

そんな細い下り坂を抜けると洞窟が見えてきます。最終地点のジェノランケーブス(Jenolan Caves)です!夜なのでライトアップが凄く綺麗でした。昼なら洞窟の中に入って行っても良かったな。いろいろなルートがあって8つも洞窟があるらしいですよ!2〜3泊しても楽しめるそうです。下の写真からホームページに行けます。

私は到着地点に着いた途端どっと疲れて、足がもう使い物になりませんでしたw頑張った私!

と、言う事で全長45kmの初ロングハイク、天気にも人にも恵まれ凄く楽しめました!でも、今度このコースする時は3日に分けよう。笑 夜の山道はめっちゃ怖いです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。