ダイエット効果絶大!バーピー8種紹介

シェアする

時短全身トレといえばバーピー!!!!バーピーは苦手な人が多いですが、すっごくいいんです!短時間で心拍数上昇するし、瞬発力も持久力も鍛えられるんです!スクワット、腕立て、ジャンプなどの動作が一気に出来るので効率もいいですよ。

Sponsored Links

バーピーの効果


  • 短時間で代謝を上げ、脂肪燃焼効果あり
  • 全身を鍛えられる
  • 体力アップと筋力アップ両方実現可能

そんな私の大好きなバーピーの種類をまとめました。

ビギナーバーピー


筋トレ初心者さんや、久しぶりの方はこのビギナーバーピーをしてコツを掴みます。

  1.  立った状態からスクワットするように体を下げる
  2. 手を地面に付ける
  3. 地面を蹴り、プッシュアップの姿勢に持っていく
  4. 脚を曲げた、しゃがんだ姿勢に戻る
  5. 立ち上がる

と、基本の流れです。リズムに乗ってなるべく同じペースで動きます。

この基本の流れに慣れたら、最後の立ち上がる時に高くジャンプします。

ポップイン ポップアップ


上記のバーピーと違って立ち上がらない方法です。

  1. 地面に両手をつく
  2. しゃがんだ状態から蹴ってプッシュアップの姿勢に持っていく
  3. お尻にかかとがタッチするように蹴り、2の位置に戻る
  4. しゃがんだ状態に蹴って戻る

立たないので見た目簡単そうですが、常にジャンプしているので結構ききますよ!

レイダウンプッシュアップバーピー


基本のバーピーからさらにレイダウンプッシュアップも加えていきます。

腕立て伏せで下に下りた時、胸を地面に付けて、両手をまっすぐ上に伸ばします。胸を付けるので深いプッシュアップになりますが、背中が反らないようにしっかり腹筋にも力を入れて行います。

GIFでは立ち上がるだけですが、もちろんジャンプしても効果的です。

プッシュアップバーピー


上記のレイダウンプッシュアップバーピーと似ていますが胸を地面に付けません。つまり普通の腕立てをバーピーの最中にするんですね。

これが属に言うバーピーの動作です。プッシュアップもジャンプも入っているので全身運動になってすぐゼーゼーになります!w

立った状態からプッシュアップの姿勢に行く時、軽くジャンプ。。。というより浮く感じで、両手をつま先が一緒のタイミングで地面につくようにし、その反動を生かしてプッシュアップするとリズムに乗れるしより速く動けますよ。

まあ、私はのろいので両手を先について、よいしょと腕立ての位置にいくんですけどねw

ボックスジャンプバーピー


台を使います。踏み台や何か安定した台を使い、バーピーのジャンプをする時、ジャンプして台の上に乗ります。そこからまたジャンプして地面に下りてバーピーを繰り返します。

ジャンプして台に上がる際、両足を使って、かかとから着地するように気をつけます。つま先から着地してしまうと前ももに効いてしまい、せっかくハムケツ(裏ももとお尻)に効かせられる動作が出来なくなってしまいます。

縦線の上を左右するバーピー


長い棒が地面にまっすぐ置いてある事を想像しながら(もちろん本当に紐や棒を置いても良いです)、右側でバーピーをしたらジャンプで左側に移動してバーピーをし、また右側に戻ります。

マウンテンクライマーバーピー


私の大好きなスライド系トレーニングです!スライドディスク、または滑りやすい靴下を履き、プッシュアップの姿勢にいった時、脚をスライドさせながらマウンテンクライマーをします。

マウンテンクライマーとは膝を交互に胸に付けるような動作です。

数回これをしたらまた立った位置に戻り、バーピーします。

オブリーク(腹斜筋)ニータックバーピー


これまたスライドさせます。

バーピーで腕立ての姿勢になったら両足をくっつけ、膝を曲げて右腕の外側にスライドさせます。そして腕立ての位置にまたスライドさせて戻り、今度は左腕の外側にスライドさせます。腕立ての位置に再度戻ったら立ち上がります。

最後に


この他にもいろいろバリエーションはあるのですが、個人的にはプッシュアップバーピーが王道で一番よくします。私はバーピー=時短全身トレーニングなのでいろいろ模索するよりもぱぱっと汗かきたい時に3分続けてやるというスタンスでやっています。

もちろんいろいろな方法を試してみるのもオススメです。全身トレーニングで、始めはキツいかも知れませんが私のようにクセになってくれる筋トレ女子さんが増えますように。。。。笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。